看護師と准看護師の違い

看護師と准看護師について

看護師とは

看護師は高等学校(看護科、専攻科の5年間)、看護専門学校、看護短大、看護大学で養成教育が行なわれ、卒業すると国家試験の受験資格が得られます。
実際には卒業見込みであれば受験できるのだが、最終的にその年度で卒業できなければ、試験で合格点以上を獲得しても、不合格扱いになります。

国家試験に合格すると、厚生労働大臣から看護師の免許が交付されて、看護師としての活動が可能となります。


准看護師とは

准看護師(じゅんかんごし)は准看護師学校(准看護師養成所)卒業後、都道府県知事試験の受験資格が与えられ(正看護師養成所卒業の資格でももちろん受験できます)、知事試験に合格すると都道府県知事から准看護師の免許が交付されます。

看護師との違いは、准看護師は都道府県が管理すること、准看護師は看護業務を医師、歯科医師または看護師の指示を受けて行なう(保健師助産師看護師法第6条)ことであります。それ以外(職務内容など)は看護師と変わりません。

准看護師という資格が日本で設けられている理由には、戦後の看護師不足に対応するための暫定措置という背景があります。
そのため、看護業務を看護師と同様に行うものの看護師ではないという事から給与水準も低く抑えられている現状があります。