看護師配置と診療報酬について

診療報酬とは治療や入院、調剤などの医療行為に対して、公的医療保険から医療機関や調剤薬局などに支払われる公定価格のことで、ほぼ2年ごとに改定されています。
国は2006年4月の診療報酬改定の中で、症状が変化しやすい患者に対する急性期入院医療を強化するために、報酬を算定する際の看護師の配置区分の見直しをしました。一般病棟の場合、看護師1人当たりの入院患者数による従来の区分は15人、13人、10人の3区分でしたが、さらに手厚い配置となる7人を追加し、診療報酬を高く設定しました。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)