潜在看護師とは

潜在看護師とは
国家試験に合格して看護師の資格をもっているにもかかわらず、
育児など家庭の理由で仕事についていない看護師のことを言います。
厚生労働省の推計によれば、
准看護師、助産師、保健師などを含めると、全国に55万人の潜在看護師がいるといわれています。

彼らを在宅介護で人手を求めている家庭に派遣するNPOなどが、各地で次々と作られてきています。
外出する家族に代わって病人や障害者のお世話をしたり、高齢者の買い物に付き添ったり、癌患者の家族の相談相手になったりすることもあります。
看護師は医師の指示がなければ医療行為はできませんが、医師と連携して家族の手助けを行うことを目的としています。

看護師は将来的にも不足することが見込まれているため、厚生労働省の検討会は潜在看護師の活用を提言しています。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/7

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)